映画「ファースト・マン」のレビュー・感想・評価


ファースト・マン

ファースト・マン

基本情報
原題:First Man
制作年:2018年
制作国:アメリカ
配給:東宝東和
上映時間:141分
映倫区分:G
監督: デイミアン・チャゼル

キャスト

ライアン・ゴズリング
ライアン・ゴズリング
ニール・アームストロング役
クレア・フォイ
クレア・フォイ
ジャネット・アームストロング役
ジェイソン・クラーク
ジェイソン・クラーク
エド・ホワイト役
カイル・チャンドラー
カイル・チャンドラー
ディーク・スレイトン役
コリー・ストール
コリー・ストール
バズ・オルドリン役
キアラン・ハインズ
キアラン・ハインズ
ボブ・ギルルース役
パトリック・フュジット
パトリック・フュジット
エリオット・シー役
ルーカス・ハース
ルーカス・ハース
マイク・コリンズ役
イーサン・エンブリー
イーサン・エンブリー
ピート・コンラッド役
シェー・ウィガム
シェー・ウィガム
ガス・グリソム役
パブロ・シュレイバー
パブロ・シュレイバー
ジム・ラベル役
クリストファー・アボット
クリストファー・アボット
デビッド・スコット役
スカイラー・バイブル
スカイラー・バイブル
リチャード・F・ゴードン・Jr.役
コリー・マイケル・スミス
コリー・マイケル・スミス
ロジャー・チャフィー役
オリビア・ハミルトン
オリビア・ハミルトン
パット・ホワイト役
クリス・スワンバーグ
クリス・スワンバーグ
マリリン・シー役

解説

「ラ・ラ・ランド」のデイミアン・チャゼル監督&主演ライアン・ゴズリングのコンビが再びタッグを組み、人類で初めて月面に足跡を残した宇宙飛行士ニール・アームストロングの半生を描いたドラマ。ジェームズ・R・ハンセンが記したアームストロングの伝記「ファーストマン」を原作に、ゴズリングが扮するアームストロングの視点を通して、人類初の月面着陸という難業に取り組む乗組員やNASA職員たちの奮闘、そして人命を犠牲にしてまで行う月面着陸計画の意義に葛藤しながらも、不退転の決意でプロジェクトに挑むアームストロング自身の姿が描かれる。アームストロングの妻ジャネット役に、「蜘蛛の巣を払う女」やテレビシリーズ「ザ・クラウン」で活躍するクレア・フォイ。そのほかの共演にジェイソン・クラーク、カイル・チャンドラー。脚本は「スポットライト 世紀のスクープ」「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」のジョシュ・シンガー。第91回アカデミー賞で視覚効果賞を受賞。(映画.comより)

評価:★★★☆☆

総じて観て悪くはなかったという印象。
宇宙モノやノンフィクション、ドキュメンタリー映画が好きな方には、おススメです。

まず、これはアポロ計画のお話です。
誰もが知っているように、人類(アメリカ)の月面到達計画ですが、人類の宇宙史を知る上で欠かせない映画が他にも沢山あります。

歴史の時系列順に、以下のような作品があります。
作品:遠い空の向こうに(1999)
年代:1957年〜
概要:ロシア(ソビエト連邦)の人類初の人工衛星スプートニクを目の当たりにしたアメリカの炭鉱少年がロケット制作に目覚めるノンフィクション。原作はロケットボーイズ(ホーマーヒッカムJr.著)

作品:ガガーリン(2013)
年代:1957年〜1961年
概要:ロシアのユーリイ・ガガーリンが世界初の有人宇宙飛行を果たした1961年4月12日の前夜から無事に帰還するまでを、それまでの訓練や少年期の回想を交えながら描く。

作品:ライトスタッフ(1984)
年代:1947年〜1963年
概要:NASAのマーキュリー計画(宇宙に人間を送り出す国家プロジェクト)を背景に、戦闘機パイロットが「ライトスタッフ(己にしかない正しい資質)」に従い孤独な挑戦を続ける姿と、国家の重圧に耐えながら信頼の絆を深め合う宇宙飛行士と家族の姿とを対比して描くことで、別々の生き方の中にも勇気を持って行動する者達を称えた物語。第56回アカデミー賞において作曲賞(ドラマ)、編集賞、音響効果賞、録音賞の4部門を受賞。

作品:ドリーム(2016)
年代:1961〜1962年
概要:1962年に米国人として初めて地球周回軌道を飛行した宇宙飛行士ジョン・グレンの功績を影で支えた、NASAの3人の黒人系女性スタッフ、キャサリン・ジョンソン、ドロシー・ボーン、メアリー・ジャクソンの知られざる物語を描いたドラマ。

作品:ファーストマン(2019)←今回
年代:1961年〜1969年
概要:史上初めて月面を歩いた宇宙飛行士ニール・アームストロングの、実話に基づいて描かれる。

作品:月のひつじ(1999)
年代:1969年
概要:アポロ11号による人類初の月面着陸を世界中に生中継した功労者である、オーストラリアの片田舎に建てられた巨大パラボラアンテナにまつわるエピソードを映像化。かつてない巨大プロジェクトを町を上げて支えた人々の実話に基づき、歴史的中継が実現するまでを描く。

作品:アポロ13(1995)
年代:1970年
概要:アポロ11号から16号までの月面探査船計画でただ一機月に到達できなかったアポロ13号、その絶体絶命の危機と地球への生還描く人間ドラマ。第68回アカデミー賞において編集賞、音響賞の2部門で受賞。

など、他にもありますが、華々しい、映画化されうるような宇宙開発史はスペースシャトルで止まっているので、最近 について描いた映画はほとんど耳にしませんね。
強いて言えば、日本ではやぶさブームによるドラマ化や映画化が重なったくらいでしょうか。

さて、本編の感想ですが、
過去に制作された『ライトスタッフ』や『アポロ13』のような群像劇とは異なるテイストで、全体的に暗い内容で描かれています。
あくまでニール・アームストロング個人の視点、焦点で物語が進んでいくので、彼の落ち着いた暗めの性格にちょっと嫌気がさすこともあります。

マーキュリー計画を描いたライトスタッフは、マーキュリー7と選ばれなかった至高のパイロット含めほぼ全ての人物に焦点が当てられ、彼らの人生を共に生きているような錯覚さえ覚えるほどであっただけに、今作品の一人に焦点を当てたことには、少し違和感を覚えました。

なぜ彼がアポロ計画のパイロットとして選ばれたのか等、省略されすぎて腑に落ちない部分もありましたが、
月面着陸をちゃんと描いた映画は初めてじゃないでしょうか。
(ドキュメンタリー映画の人類、月に立つはありますが)


関連記事