sys - Pythonのデフォルトパスに関するメモ

2018-07-31 07:27:29 1243

はじめに

自前のモジュールやライブラリをインポートしたい時に、はまってしまう初心者のためのメモ。

Pythonはデフォルトパスが通っていて、その中にある.pyをインポートすることができる。

だから、自前のモジュールを使いたい時には方法がいくつかあって

デフォルトパスを追加する


デフォルトパスを追加する方法は、sysを使う。

sample.py
import sys
sys.path.append('追加したいpath')
これは根っこから辿っていく必要がある。

根っこというのは、

/Users/ユーザー名/Desktop/mymodule

といった感じこれは、デスクトップにあるmymoduleフォルダをデフォルトパスとして書いている。

結局いくつか方法はあると言ったけど、実行するpyの上の階層にあるフォルダからインポートしたいときにも力を発揮するので、これが一番いい方法だと思う。

プロジェクト毎にいちいちsys.path.appendとか書くのが面倒なので、

パスをインポートする用のファイルを別に作成し、それをインポートするほうほうを おすすめする。

test.py
import import_path

import myfunc #自前のmyfunc.py

import_path.py
import sys
#Desktop/myfunc.pyを使いたい
sys.path.append('/Users/ユーザー名/Desktop')

デフォルトパス一覧の確認方法


check_path.py
import sys
print(sys.path)

追記


もしかすると根っこから辿らなくてもいいかもしれません。

関連記事