華原朋美、突然のファンミ中止直前にあった「不可解なブロック騒動」と「夫とのいざこざ」 2022-05-11


図 この記事のタイプ傾向 (「怒り」「笑顔」「感動」「困る」「大切」「楽しみ」「不満」「発表」「称賛」)

(https://news.goo.ne.jp/article/postseven/entertainment/postseven-1752894.htmlより引用)
 5月8日に都内で開催される予定だった歌手・華原朋美(47)のファンミーティングが、前日の夜になって延期することが急きょ発表された。
華原は「ファン同士仲良くしてください! ファン同士で揉めてる時にファンミーティングはできないです!」とツイートし、一部のファン同士によるトラブルが延期の原因であることを示唆している。
 ただ、長年の華原ファンだという40代女性・Aさんは、“ファン同士のトラブル”という説明に少々納得がいかないらしい。
「実はこの頃、複数の朋ちゃんファンが『華原朋美の公式Twitterアカウントになぜかブロックされてしまった』と嘆いていたんです。
もちろん明らかなマナー違反をするファンは、公式アカウントにブロックされても仕方ありませんし、実際ブロックされたファンの中には、かなり反応に困るような内容のリプライばかり送っている人もいました。
 その一方で、当たり障りのないリプライをしていたはずなのにブロックされてしまったファンもいて、正直なところ、基準がいまいちわかりません」(華原ファンのAさん) 華原のファンクラブサイト内には、彼女本人も交えたグループチャットが設けられている。
そちらで現状への不満を漏らすファンもいたという。
「ひとりのファンが現状に物申す書き込みをした直後のイベント中止です。
たしかに強い口調の人もいましたが、公式Twitterアカウントのブロックを巡る議論を“ファン同士の揉め事”と捉えているのだとしたら、それはちょっと違うんじゃないかな……というのが本音です」(前出・Aさん) 華原が昨年8月に結婚したお相手は、所属事務所の社長で専属マネージャーを務める男性だ。
今回の不可解なイベント延期の前には、華原が夫のファン対応の悪さに怒りをあらわにしたことも話題になった。
 今年4月21日、華原は〈実は先日私の大切なファンの方に主人が傷付けました。
私にプレゼントを渡したいと思い主人に声を掛けたら、手を使ってシッシッてあっちいけみたいな行動をこの一年半の間とっていたことが分かりました〉(原文ママ)とツイートし、〈私はファンあっての華原朋美です。
そんな主人の行動に対して決して許す事はできません〉と綴った。
「その後、夫であるマネージャーさんがファンクラブサイトに謝罪文を掲載し、この騒動は終息しました。
朋ちゃんの公式YouTubeチャンネルなどを通して夫婦仲の良さを知っていただけに、それでもファンの味方となって、夫の対応をきっぱり批判してくれた朋ちゃんに感動しました。
ですが、公式Twitterアカウントで複数のファンをブロックしていること、今回のイベント延期の背景については、もう少しちゃんと説明してほしいです。
みんな、とても楽しみにしていたので…」(前出・Aさん) 今回のイベントのために地方から前乗りしてきた参加者などに対しては、かかった費用を所属事務所が支払うとともに、華原からのメッセージ付きプレゼントが送られることが発表されており、この対応が〈朋ちゃん優しい〉と称賛されている。
こうした騒動の中でも華原がファン想いであることに間違いはないが、ファンが真に求めていることはその笑顔を直接見せてくれることなのかもしれない。
(https://news.goo.ne.jp/article/postseven/entertainment/postseven-1752894.htmlより引用)

関連記事