膀胱がん公表のサンド伊達、禁煙に前向き 30年吸い続けるも「再発したらまた迷惑を」 2021-03-31


図 この記事のタイプ傾向 (「驚き」「感謝」「迷惑」)

(https://news.goo.ne.jp/article/dailysports/entertainment/20210331064.htmlより引用)
 初期の膀胱がんであることを公表したサンドウィッチマンの伊達みきおが31日、ブログを更新。
「こんなにもおおごとになるなんて思っておらず…」と驚きをつづった。
 伊達はおいしそうな野菜の写真をアップすると、テレビで共演しているKis−My−Ft2から届いたものだと紹介。
「どうやら膀胱に良い何かを探してくれたみたいで…なぜか野菜にたどりつき、大量の野菜を頂いた」と、キスマイの優しさに感謝するも「キャベツ5玉、ブロッコリー5個、大根5本、小松菜5袋。

いや、象の昼めしかっ!」とツッコんだ。
 さらにタバコについても「やめる方向で進んでいます」と禁煙も約束。
約30年、多い時で1日2箱も吸い続けてきたというが「ドクターから言われたこともあり…小倉智昭さんからもメールで忠告頂いた事もあり、ブログのコメントにも多数あり…」と多くの人から禁煙を勧められたことが大きな要因。
 「どうやらタバコに含まれるタールが僕の身体には合わないみたいで…」とも明かし「1週間入院していた時は、不思議とタバコ吸いたいって思わなかったんだよなぁ。

だから、きっと禁煙出来る気がします」と前向きだ。
 膀胱がんについては「特に再発が多いらしい」ともいい、「再発してしまったら、また多方面に迷惑をかけてしまうし。

変なストレスにならない程度に控えたいと思って入ります」とした。
(https://news.goo.ne.jp/article/dailysports/entertainment/20210331064.htmlより引用)

関連記事