関西3府県も緊急事態宣言発令へ 政府、知事要請受け調整 2021-01-11


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「緊迫」)

(https://news.goo.ne.jp/article/kyodo_nor/politics/kyodo_nor-2021011101002222.htmlより引用)
 政府は11日、京都、大阪、兵庫の関西3府県に新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言を再発令する方向で調整に入った。
政府、与党関係者が明らかにした。
7日に再発令した首都圏4都県以外も新規感染の高止まりが続き、抑止に向けた強いメッセージが必要と判断した。
3府県の知事が9日、西村康稔経済再生担当相とオンラインで会談し、要請していた。
 11日に確認された新規感染は京都142人、大阪481人、兵庫150人。
 菅義偉首相は3府県への発令に関し、10日のNHK番組で「緊迫した状況は承知している。
必要であれば、すぐに対応できるよう準備している」と述べていた。
(https://news.goo.ne.jp/article/kyodo_nor/politics/kyodo_nor-2021011101002222.htmlより引用)

関連記事