安保理、11日に緊急会合=北朝鮮ミサイル問題 2022-05-10


図 この記事のタイプ傾向 ()

 【ニューヨーク時事】北朝鮮によるミサイル発射を受け、国連安保理は11日午後(日本時間12日午前)、米国の要請で緊急の公開会合を開く。
安保理筋が9日、明らかにした。
 北朝鮮は4日に平壌から、7日に東部の咸鏡南道・新浦沖の海上から、それぞれ弾道ミサイル1発を発射した。
弾道ミサイル発射は安保理の対北朝鮮制裁決議で禁じられている。
 北朝鮮が3月に「新型」と称する大陸間弾道ミサイル(ICBM)を打ち上げた際にも、安保理は緊急公開会合を開催。
米国は追加制裁を提案したが、中国やロシアが北朝鮮に融和的な姿勢を崩しておらず、一致した対応が取れずにいる。
(https://news.goo.ne.jp/article/jiji/world/jiji-220510X093.htmlより引用)

関連記事