最多198万人分が成田着 新型コロナワクチン 2021-04-05


図 この記事のタイプ傾向 ()

 米ファイザー製の新型コロナワクチンを積んだ全日空機が5日午前、ベルギーから成田空港に到着した。
全日空によると、1瓶当たり6回接種した場合で198万9千人分で、1度の輸入量としては、これまでで最多となる。
ファイザーによると、ワクチン輸入は11便目。
 全日空によると、これまで使っていた機体よりも大型のものに変えたため、貨物の許容量が増えたという。
(https://news.goo.ne.jp/article/kyodo_nor/world/kyodo_nor-2021040501001698.htmlより引用)

関連記事