コロナ感染の桃田賢斗「無症状であれば」隔離は15日まで 2021-01-05


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「事故」「決定」)

(https://news.goo.ne.jp/article/dailysports/sports/20210105109.htmlより引用)
 バドミントン男子シングルスで3日に新型コロナウイルス感染が発覚した桃田賢斗(26)について、所属先のNTT東日本は5日、隔離は15日までの予定だと明かした。
 桃田は12日からのタイでの国際大会に向け、3日に成田空港で受けたPCR検査で陽性が判明。
現在発熱などの症状はなく、保険所からは「無症状であれば15日まで隔離のまま」と指導があった。
人との接触はできないが、トレーニングは禁止されておらず、食事は栄養士が運んでいるという。
 スポーツ界では体操男子のレジェンド、内村航平=リンガーハット=がPCR検査で陽性になった後、偽陽性であることが判明した。
桃田は2度目のPCR検査は行わず、15日まで静観する見込み。
その後の予定は未定となっている。
 桃田は昨年1月に遠征先のマレーシアで交通事故に遭い、2月に右眼眼窩底骨折で手術。
約11カ月ぶりの実戦となった12月の全日本総合選手権で3連覇を果たし、国際戦へ「日本エースの自覚を持って挑みたい」と意気込んでいた。
 復帰大会後は、昨年12月28日にNTT東日本のバドミントン部の活動に参加。
29〜30日は寮で生活しながら自主練を行った。
31日〜1月2日は、家族と過ごし、2日午後に都内の味の素ナショナルトレーニングセンターで日本代表チームと合流し、3日午前に成田空港に移動した。
桃田以外のPCR検査は陰性だったが、日本バドミントン協会は代表チームの国際戦への派遣中止を決定した。
(https://news.goo.ne.jp/article/dailysports/sports/20210105109.htmlより引用)

関連記事