日韓首脳会談けん制=自民部会長 2022-05-11


図 この記事のタイプ傾向 (「実現」「期待」)

 自民党の佐藤正久外交部会長は11日の党会合で、日本との関係改善に前向きな韓国新政権への対応に関し、元徴用工問題などで具体的な行動を起こさないうちは岸田文雄首相は尹錫悦大統領と会談すべきでないとの見解を示した。
尹氏は10日に林芳正外相と会った際、早期の首脳会談実現に期待を表明した。
 佐藤氏は、首相が外相だった2015年に交わされた慰安婦問題に関する政府間合意が事実上白紙化されたことを念頭に、「首相は2度も3度もだまされるわけにいかない」と指摘。
「日本側が受け入れ可能な解決案の提示がない中、首脳会談をやってはいけない。
将来に禍根を残しかねない」と語った。
(https://news.goo.ne.jp/article/jiji/politics/jiji-220511X249.htmlより引用)

関連記事