富山・氷見市長が5人以上で会食 幹部らと、「軽率で配慮欠けた」 2021-04-07


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」)

 富山県氷見市の林正之市長は7日の記者会見で、3月29日夜に市内の飲食店で市幹部ら5人以上と会食したと明らかにした。
市は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、5人以上の会食を避けるよう呼び掛けており、林市長は「軽率で配慮に欠けていた」と謝罪した。
 林市長によると、昨春まで副市長だった総務省の官僚があいさつに来たため、市幹部らを交え午後6時半ごろからビールやウイスキーを飲んだ。
当初4人だったが、途中で人が出入りして5人以上になる場面があった。
市長は午後8時ごろ退席。
テーブルに仕切りはなく、途中からマスクを外して会食していた。
(https://news.goo.ne.jp/article/kyodo_nor/politics/kyodo_nor-2021040701001692.htmlより引用)

関連記事