【センバツ】中京大中京・畔柳は先発回避 球数制限で上限は121球 2021-03-31


図 この記事のタイプ傾向 (「発表」)

(https://news.goo.ne.jp/article/hochi/sports/hochi-20210331-OHT1T50117.htmlより引用)
【◆第93回センバツ高校野球大会第10日 ▽準決勝 明豊―中京大中京(31日・甲子園) 明豊(大分)と中京大中京(愛知)のスタメンが発表され、中京大中京の最速151キロ右腕の畔柳享丞投手(くろやなぎ・きょうすけ、3年)はベンチからのスタートとなった。
先発マウンドには、左腕の柴田青(3年)が上がる。
 畔柳は25日の専大松戸戦で9回131球、27日の常総学院戦で7回110球、29日の東海大菅生戦では9回138球を投じている。
今大会は1週間で500球以内の球数制限が設けられており、準決勝での上限は121球。
中1日での登板が続くことによる疲労もあり、準決勝での起用法が注目されていた。
(https://news.goo.ne.jp/article/hochi/sports/hochi-20210331-OHT1T50117.htmlより引用)

関連記事