最大瞬間風速40メートル以上 台風並みの暴風 あすにかけて暴風雪も警戒 2021-01-07


図 この記事のタイプ傾向 (「発表」)

(https://news.goo.ne.jp/article/tenkijp/nation/tenkijp-11083.htmlより引用)
7日は風が吹き荒れ、山形県酒田市の飛島では、最大瞬間風速が40メートルを超えました。
太平洋側でも風が強く、東京都心でも、今シーズン1番の強い風が吹きました。
午後5時現在、北海道から近畿にかけての広い範囲に「暴風雪警報」が発表されており、関東や静岡県に「暴風警報」のでている所があります。
8日にかけて警戒が必要です。
7日は、急速に発達する低気圧の影響で、日本海側を中心に、風が吹き荒れています。
山形県酒田市の飛島では、最大瞬間風速が42.2メートルと1月としては、観測史上1位を更新しました(統計開始2009年)。
また、石川県輪島市の三井や、新潟県佐渡市両津湊でも、最大瞬間風速が35メートルを超えて、非常に強い風が吹きました。
一方、太平洋側でも、沿岸部を中心に風が強まり、仙台市や東京都心などでも、今シーズン1番の強い風が吹きました。
8日にかけて 暴風雪や暴風に警戒8日にかけても、北日本から西日本では、非常に強い風が吹くでしょう。
8日にかけて予想される最大瞬間風速は、北陸地方や東北地方で40メートル、北海道地方、関東甲信地方、近畿地方で35メートル、東海地方で35メートルです。
また、日本海側を中心に、風だけでなく、雪も強まるので、猛吹雪になる所もあるでしょう。
7日午後5時現在、北海道から近畿にかけての広い範囲に「暴風雪警報」が発表されており、関東や静岡県に「暴風警報」のでている所があります。
8日にかけて、暴風や猛吹雪に警戒を続けてください。
(https://news.goo.ne.jp/article/tenkijp/nation/tenkijp-11083.htmlより引用)

関連記事