第4子出生祝い50万円 佐賀の町が初贈呈「びっくり」 2021-04-04


図 この記事のタイプ傾向 ()

(https://news.goo.ne.jp/article/asahi_region/nation/asahi_region-ASP437HSFP42TTHB00S.htmlより引用)
 佐賀県大町町は2日、第4子の出生祝い金50万円を、井上生一さん(41)、直美さん(39)夫妻に贈った。
昨年4月に15万円から大幅に増額してから初めて。
 井上さん夫妻はこの日、昨年12月4日に第4子として誕生した三女の富希羽(ときは)ちゃんと一緒に町役場を訪れ、水川一哉町長から祝い金が入ったのし袋を受け取った。
 直美さんは「妊娠が分かったあとの昨年4月ごろに、町の広報誌で出生祝い金の金額を確認したら、高額でびっくりした。
子育てに必要な物に使いたいです」と喜んでいた。
 町は昨年4月、少子化対策と若者の定住促進のため、出生祝い金を大幅に増額。
第2子は従来の2倍の10万円、第3子は4倍の40万円、第4子は約3・3倍の50万円、第5子以降は3倍の60万円にした。
第1子は3万円で変わっていない。
(https://news.goo.ne.jp/article/asahi_region/nation/asahi_region-ASP437HSFP42TTHB00S.htmlより引用)

関連記事