嵐・二宮「パパに!」報道が意外に祝福されるワケ 結婚発表では大バッシングだったのに… 2021-01-13


図 この記事のタイプ傾向 (「安定」「怒り」「驚き」「おめでとう」「ショック」「良かった」「喜ばしい」「落胆」「発表」)

(https://news.goo.ne.jp/article/nikkangendai/entertainment/nikkangendai-698348.htmlより引用)
「NEWSポストセブン」が13日、〈嵐・二宮和也、パパになる!妻が妊娠、春頃に出産へ〉と伝え、盛り上がっている。
二宮和也(37)の妻・A子さん(40)はすでに安定期に入っているそうで、14日発売の「女性セブン」(1月28日号)で詳しく報じるという。
 嵐といえば、昨年末でいったん活動を休止したばかり。
そこに今度は“妊娠報道”と、ファンの胸中察するに余りある……と思いきや、ネット上には〈おめでとうだけど、すごく複雑です〉なんてファンの落胆もなくはないが、おおむね〈うれしいニュース〉〈喜ばしいこと〉などと祝福ムードに包まれている。
 中には〈結婚した時はあれだけ叩きまくったのに今回はおめでとうの嵐〉なんてシニカルな声も。
「確かに2019年1月に嵐の活動休止が発表され、そのショックが冷めやらぬ同年11月にニノとA子さんの結婚が発表された際には、〈なぜ活動休止まで待てなかったのか〉などと大バッシングが起きました。
ファンの怒りの矛先はA子さんに向かった。
ニノと交際していた4年間も含め、ネット上はA子さんを“ディスる”書き込みであふれ返りましたが、今回はおめでたですからね。
コロナ禍で出産する妊婦をバッシングするというのは、いかにアンチでも、さすがにはばかれるのでしょう」(スポーツ紙芸能担当デスク) 今回は女性セブンの独占スクープだが、すっぱ抜かれたタイミングも良かったようだ。
「ネット上では昨年から〈A子さんが“妊活”している〉と噂になっていましたし、ファンも〈そろそろかな〉と覚悟ができていたのでしょう。
そもそもファンにとっては嵐の活動休止の方がショックすぎて、妊娠と聞いても大して驚きがないのでは。
今は活動休止で燃え尽きてしまっているんだと思いますよ」(芸能ライターのエリザベス松本氏) 大手芸能プロダクション関係者はこう話す。
「そもそもファンがニノの結婚に怒っていたのは、タイミングの悪さが大きかった。
アイドルはファンに夢を売る商売です。
嵐というアイドルグループ全体に悪影響が出るかもしれない、足を引っ張りかねないタイミングで結婚したことが、ファンにとっては許せなかったのです。
ニノとA子さんが交際していた時もそうで、ファンの怒りの理由は、交際そのものより〈なぜ隠し通さないのか〉〈なぜ“におわせ”るのか〉だった。
今回も活動休止前に妊娠が報じられていたら、ファンの反応も違っていたでしょう。
すでに活動を休止した後だから、比較的すんなり受け入れられたのだと思いますね」 ともあれ、コロナ禍で欝々とする中、久しぶりの明るいニュースだ。
(https://news.goo.ne.jp/article/nikkangendai/entertainment/nikkangendai-698348.htmlより引用)

関連記事