OPECプラス、協調減産の段階的縮小で合意 5月から 2021-04-02


図 この記事のタイプ傾向 ()

(https://news.goo.ne.jp/article/reuters/world/reuters-20210402003.htmlより引用)
[ロンドン/ドバイ/モスクワ 1日 ロイター]-石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」は1日、協調減産を5月以降、段階的に縮小していくことで合意した。
これにより、5・6月の削減量はそれぞれ日量35万バレル、7月はさらに40万バレル程度縮小され、全体の削減量は4月の日量700万バレル弱から5月は650万バレル強に低下する見通しだ。
サウジアラビアの動向は不明。
同国は現在、日量100万バレルの自主減産を行っている。
関係筋によると、サウジは引き続き見直しを継続中という。
(https://news.goo.ne.jp/article/reuters/world/reuters-20210402003.htmlより引用)

関連記事