民主派、憲法廃止宣言=「統一政府」目指す―ミャンマー 2021-04-01


図 この記事のタイプ傾向 (「恐れ」「不服」「支援」「決定」)

 【バンコク時事】ミャンマーのアウン・サン・スー・チー氏が率いる国民民主連盟(NLD)の議員らでつくる「連邦議会代表委員会(CRPH)」は3月31日夜、軍事政権下の2008年に制定された憲法の廃止を宣言し、「統一政府」を樹立する計画を明らかにした。
クーデターで権力を掌握した国軍に対抗し、「正統な政府」として国際社会に支持を訴える考えとみられる。
 国軍は2月1日のクーデター後、最高意思決定機関の「国家統治評議会」を設置。
CRPHを「非合法組織」と位置付け、圧力を強めている。
「統一政府」立ち上げの動きに反発するのは必至で、弾圧を強化する恐れもある。
 08年制定の憲法は、上下両院議席の4分の1を「軍人枠」と規定しているほか、国防相、内相、国境相の主要3閣僚の任命権を国軍総司令官に与えるなど、国軍の政治関与を認める内容となっている。
また、国軍は憲法の規定を根拠にクーデターを正当化している。
 CRPHは「暫定憲法」に当たる「連邦民主憲章」を制定。
少数民族武装勢力にも連携を呼び掛けた。
公務員に対しては、職場を放棄する「不服従運動」への参加を促し、4月1日以降も加わらない場合は「対応策を講じる」と警告した。
 市民に対する国軍の弾圧は続いており、人権団体の政治犯支援協会によると、クーデターから3月末までの2カ月間で、死者は536人に達した。
(https://news.goo.ne.jp/article/jiji/world/jiji-210401X281.htmlより引用)

関連記事