日米など14か国、コロナ起源調査に懸念 WHO報告書受け共同声明 2021-03-31


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「懸念」「協力」)

(https://news.goo.ne.jp/article/afpbb/world/afpbb-3339686.htmlより引用)
【AFP=時事】(更新)日米など14か国は30日、世界保健機関の調査団がまとめた新型コロナウイルスの起源に関する報告書公表を受けて共同声明を出し、調査について懸念を表明するとともに、中国が専門家に対して「完全」なアクセスを提供することを要請した。
 共同声明には日米のほか、英国、オーストラリア、カナダ、韓国、チェコ、デンマーク、エストニア、イスラエル、ラトビア、リトアニア、ノルウェー、スロベニアが参加。
「われわれは、最近、WHOが中国で実施した調査について、共通の懸念を表明する」とした。
 また、「国際専門家による調査の実施が大幅に遅れ、完全なオリジナルのデータ及び検体へのアクセスが欠如していた」と指摘。
中国を名指しで批判はしなかったものの、「独立した専門家にとって、今回のパンデミックがいかにして発生したのかを判断するためには、関連する全てのヒト、動物、環境のデータ、研究、発生初期段階に関わった当事者に完全にアクセスできることが極めて重要である」と表明した。
 米国はドナルド・トランプ前大統領の下でWHOからの離脱を表明していたが、共同声明では姿勢を転換させ、WHOと協力する意向を表明した。
(https://news.goo.ne.jp/article/afpbb/world/afpbb-3339686.htmlより引用)

関連記事