全身がん公表の高須克弥院長、手術を終えサムズアップポーズ「ただいま 生還なう」 2021-01-07


図 この記事のタイプ傾向 (「元気」)

(https://news.goo.ne.jp/article/hochi/entertainment/hochi-20210107-OHT1T50179.htmlより引用)
 全身がんであることを公表している高須クリニックの高須克弥院長(75)が7日、自身のツイッターを更新。
この日に受けた手術を無事に終えたことを報告した。
 高須院長はこの日の朝に「滅菌したスマホを握りしめてトリアージ癌手術待機中なう」と手術を受けることを報告し、午後4時すぎに「手術室に入るかっちゃん。
代理投稿なう」と手術室へと入る写真を投稿した。
 午後7時すぎに「ただいま」と手術を終えたことを明かし、続けて「生還なう」とベットに横になりながら両手でサムズアップポーズをする写真を公開した。
 フォロワーからは「ご無事でなにより」「精神力の強さに脱帽します」「しばらくはゆっくり静養して完全復活した姿を見せてください!」「お元気そうで何よりです」などのリプライが寄せられている。
(https://news.goo.ne.jp/article/hochi/entertainment/hochi-20210107-OHT1T50179.htmlより引用)

関連記事