変異株、34都道府県に拡大 1週間で129人増 増加傾向続く 2021-03-31


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「発表」「疑い」)

(https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20210331k0000m040375000c.htmlより引用)
 厚生労働省は31日、感染力が強いとされる新型コロナウイルスの変異株について、30日までに34都道府県で計678人が確認されたと発表した。
23日時点で26都道府県で確認されていたが、1週間で西日本を中心に新たに8県で報告例があった。
感染者は前週より129人増え、空港検疫での報告(123人)を含めると計801人となった。
 厚労省によると、678人の内訳は、英国株が627人、南アフリカ株が15人、ブラジル株が36人で英国株が92%を占める。
24日以降、福井、愛知、三重、奈良、和歌山、高知、福岡、大分の各県で新たに変異株の確定例が報告された。
確定数が最も多いのは兵庫県(181人、前週比20人増)で、次いで大阪府(130人、同25人)だった。
 厚労省は現在、陽性者の検体から40%程度を抽出し、変異株のスクリーニング(ふるい分け)検査をするよう自治体に求めている。
3月15〜21日の検査件数は2378件で、前週から337件増えた。
検査の結果、疑い例と確定例を合わせた変異株の「陽性」は累計で1200人(速報値)。
前週に比べて408人増と拡大傾向が続いている。
 変異株の感染力について、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は31日の衆院厚生労働委員会で、感染者1人が平均何人に感染させるかを示す「実効再生産数」に触れ、「日本は症例数が少ないので、年齢を分けた詳細な調査結果は出ていないが、変異株に感染した人の方が(従来株に比べて)R(実効再生産数)が少し高いことが大体分かっている」と述べた。
(https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20210331k0000m040375000c.htmlより引用)

関連記事