【一問一答】森保監督「サッカーで国民に元気になってもらえるよう」 2021-03-30


図 この記事のタイプ傾向 (「ありがと」「ありがとう」「元気」)

(https://news.goo.ne.jp/article/sanspo/sports/sanspo-jpn2103300011.htmlより引用)
 サッカー日本代表(FIFAランキング27位)は30日、千葉・フクダ電子アリーナで行われたカタールW杯アジア2次予選(アジア杯中国大会予選を兼ねる)でモンゴル代表(同190位)と対戦。
南野のW杯予選5試合連続となるゴールや大迫のハットトリックの活躍などで日本が14ー0で圧勝した。
 日本を率いる森保一監督(52)は試合後、インタビューに応じた。
一問一答は以下の通り。
 −−試合を振り返って 「スコアは本当に大差になって、力の差があった相手だったかもしれないですけど、相手ではなくて自分たちがどうやって集中して試合に入るかと選手たちはいい準備をしてくれて。
試合の中でも相手ではなくて自分たちを高めることを忘れずにということを隙なく油断なく漏れなくやってくれたことがよかったと思います。
きょう選手たちが頑張るというその先には、テレビ(の前)で応援してくださっているサポーターの皆さんや国民の皆さんに元気を届けたいという気持ちで選手たちは頑張ってくれたと思いますので、応援してくださった方々にも選手たちの気持ちが届くとうれしいです」 −−サポーターにメッセージを 「コロナや自然災害等々、大変な思いをされている方がたくさんいると思いますけど、我々はサッカーで国民の皆さんに元気になってもらえるように、励ましのメッセージを送れるように、これからも頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願いします。
(https://news.goo.ne.jp/article/sanspo/sports/sanspo-jpn2103300011.htmlより引用)

関連記事