「ごみ排出量」少ない自治体、東京・八王子市が3連覇 2021-04-02


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「発表」)

 東京都八王子市が、ごみ排出量の日本一少ない自治体に3年連続で輝いた。
環境省が発表した2019年度の「ごみ排出量の少ない自治体ランキング」(全国の人口50万人以上)で、1人1日当たりのごみ排出量が770.1グラムと、前年度に引き続いて全国トップとなった。
 市ごみ減量対策課によると、19年度のごみ排出総量は15万8638トンで、新型コロナウイルスの感染拡大で巣ごもり需要が増えたことから、前年度よりも1652トン増えた。
だが、1人1日あたりの排出量は前年度と比べて5.5グラムしか増えず、全国トップを維持できた。
同課の真辺薫課長は「引き続き、ごみ分別の指導などに力を入れ『日本一』継続を目指したい」と話している。
(https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20210401-567-OYT1T50279.htmlより引用)

関連記事