林外相、韓国外相候補と会談「日韓関係の悪化を放置してはならない」 2022-05-10


図 この記事のタイプ傾向 (「友好」「協力」)

岸田総理大臣の特使として韓国のソウルを訪問中の林外務大臣は、新政権の外相候補である朴振氏と会談し、「日韓関係のこれ以上の悪化を放置してはならない」という認識で一致しました。
林大臣と朴振外相候補は9日夜、ソウル市内でおよそ2時間夕食を交えた会談を行いました。
会談で林大臣は、「国交正常化以来、築いてきた友好協力関係に基づき日韓関係を発展させていく必要がある。
そのためには日韓の間での懸案の解決が必要である」と強調しました。
両者は、「日韓関係のこれ以上の悪化を放置してはならない」という認識で一致し、いわゆる元徴用工問題や慰安婦問題など日韓の懸案について、「早期に解決するため、今後、ハイレベルも含め、両政府間でスピード感を持って協議していく」ことで合意しました。
また、両者は、現在の国際情勢の中で、「日韓、日韓米の戦略的な連携がこれほど必要な時はなく、日韓関係の改善は待ったなしである」との認識でも一致しました。
(https://news.goo.ne.jp/article/ntv_news24/politics/ntv_news24-2022051004166732.htmlより引用)

関連記事