業況判断指数、大手製造業で1年半ぶりプラス 日銀短観 2021-04-01


図 この記事のタイプ傾向 (「悪い」「発表」)

(https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/business/mainichi-20210401k0000m020022000c.htmlより引用)
 日銀が1日発表した3月の企業短期経済観測調査(短観)は、企業の景況感を示す業況判断指数(DI)が大企業・製造業で前回12月調査から15ポイント改善し、プラス5となった。
3四半期連続の改善で、プラスになるのは2019年9月以来1年半ぶり。
大企業・非製造業は4ポイント改善のマイナス1だった。
 業況判断DIは、景気が「良い」と回答した企業の割合から「悪い」と回答した割合を引いた数値。
(https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/business/mainichi-20210401k0000m020022000c.htmlより引用)

関連記事