横審 白鵬への「注意」継続、7月場所で最終判断 理事長、師匠を通じ決意を確認 2021-03-29


図 この記事のタイプ傾向 (「注意」「新型コロナウイルス」「厳しい」「奮起」「期待」)

(https://news.goo.ne.jp/article/dailysports/sports/20210329160.htmlより引用)
 日本相撲協会が29日、春場所後の横綱審議委員会(横審)の会合を開いた。
横審は春場所を3日目から途中休場し、5場所連続休場(途中休場を含む)となった横綱白鵬(36)=宮城野=に対して、「注意」の措置を継続し、白鵬自身が再起をかけると位置づけた7月場所の結果を見届けた上で、最終的な判断をするとの結論を出した。
昨年の11月場所後の会合で、「引退勧告」の次に重い「注意」の決議を出されていた。
 矢野弘典委員長は「今回は注意の措置を継続のまま(白鵬が)7月場所に出場し、奮起することを期待し、その結果を見て最終判断をすることにいたしました」とオンライン形式の会見で説明した。
 その理由として3点を挙げた。
1つは今年初場所の休場は新型コロナウイルスによるものでやむを得なかったこと。
2つ目は最終的には負傷による休場に至ったものの、2日間だけでも出場の意欲を示したことを「その意欲は評価できる」としたこと。
3つ目は「7月場所で進退をかけるという決意を明言しておること」を挙げた。
 3つ目の理由ついては、八角理事長を通じて、白鵬が7月場所で進退をかけると表明していることの実態を確認。
師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)から、理事長がその意向を確認し、その上で、「覚悟を持って7月に臨むと言っておることが確認できました」とした。
 白鵬は春場所の3日目から、右膝のけがのため途中休場。
手術を受け、7月場所で、進退をかけて出場することを表明していた。
 話し合いの中では「厳しい意見」もあったというが、今回の結論は、議論の末、全会一致でまとまったとした。
新たに「注意」の決議をし直したわけではなく、前回の注意の効力が存続しているものとした。
(https://news.goo.ne.jp/article/dailysports/sports/20210329160.htmlより引用)

関連記事