菅首相がインドネシア閣僚と会談 「インド太平洋」構想で協力 2021-03-30


図 この記事のタイプ傾向 (「懸念」「実現」「協力」「期待」)

(https://news.goo.ne.jp/article/sankei/politics/sankei-plt2103300009.htmlより引用)
 菅義偉(すが・よしひで)首相は30日、インドネシアのルトノ外相、プラボウォ国防相と官邸で会談した。
首相は「自由で開かれたインド太平洋のビジョンを共に実現すべく、具体的な協力を進めていきたい」と述べ、巡視船の武器使用権限を強化した海警法の施行など、最近の中国の動向について「深刻な懸念」を表明。
両者は、法の支配に基づく自由で開かれた海洋秩序の重要性について一致した。
 両国は30日午後に外務・防衛閣僚級会合(2プラス2)を東京都内で開催し、日本からの防衛装備品輸出に関する「防衛装備品・技術移転協定」について合意する見通し。
首相は「両国のさらなる安全保障協力の基盤となることを期待している」と語った。
 首相は昨年10月のインドネシア訪問に触れ「就任後、最初の外遊で訪問したのは、わが国がインドネシアを重視する表れだ」と強調した。
双方は東シナ海、南シナ海情勢について意見交換し、首相は一方的な現状変更の試みの継続・強化に深刻な懸念を表明した。
 首相はミャンマー情勢について、多数の死傷者が発生し続けている状況を強く非難。
両大臣は東南アジア諸国連合(ASEAN)内でのやり取りについて説明し、今後も緊密に連携していく方針で一致した。
(https://news.goo.ne.jp/article/sankei/politics/sankei-plt2103300009.htmlより引用)

関連記事