眞子さまと小室さんの結婚一時金 2021年度予算に計上されず 2021-03-31


図 この記事のタイプ傾向 (「発表」)

 3月26日、一般会計総額が過去最大の106兆6097億円となる2021年度予算が成立した。
「週刊文春」がその中身を精査したところ、秋篠宮家の長女・眞子さま(29)の結婚一時金が計上されていないことが分かった。
眞子さま 眞子さまと小室圭さん(29)は2017年9月に婚約内定会見を開いた。
翌2018年の予算には、眞子さまの結婚一時金として上限額の1億5300万円が計上されていた。
だが、2017年末に小室さんの母・佳代さんの、元婚約者との借金トラブルが「週刊女性」に報じられ、2018年2月に宮内庁は結婚を2020年まで延期すると発表。
結局、眞子さまを想定して予算計上された一時金は、その後、2018年にご結婚された高円宮家の三女・絢子さんに使われた。
 そして今般成立した2021年度予算には、一時金の計上はなかった。
(https://news.goo.ne.jp/article/bunshun/nation/bunshun-44497.htmlより引用)

関連記事