「狂気の沙汰だ」大谷翔平の“11冠”表彰に米識者が最敬礼! 専門サイトは「ショウヘイは不器用で、野球がしたいだけ」と賛辞 2022-05-11


図 この記事のタイプ傾向 (「うんざり」「笑顔」「感嘆」「興奮」「憤慨」「迎え入れ」)

(https://news.goo.ne.jp/article/thedigestweb/sports/thedigestweb-55883.htmlより引用)
 球界に一大フィーバーをもたらした二刀流の凄みがあらためて称えられた。
 現地時間5月10日に本拠地で行なわれたタンパベイ・レイズ戦を前に、昨季にアメリカン・リーグMVPを含めたタイトルを総なめにした大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)への表彰セレモニーが実施された。
【画像】「まさに狂気の沙汰だ」と賛辞!大谷翔平のMVP表彰セレモニーの様子をチェック マウンド付近に特設された舞台に立った大谷。
スタンディングオベーションで拍手を送ったエンジェルス・ファンのわれんばかりの「MVP」コールで迎え入れられると、照れくさそうな笑顔を浮かべた。
そして、昨季に手にした全11冠のタイトルのすべてをあらためてお披露目した。
 表彰時には獲得タイトルのすべてが丁寧に読み上げられたのだが、その数の多さは大谷のやってのけた偉業を十分に物語った。
そんな偉才の凄みは、現地識者やメディアの心を刺激した。
 米放送局『FOXSports』のアナリストで、大の大谷マニアとしてお馴染みのベン・バーランダー氏は自身のツイッターで「唯一無二のアメリカン・リーグMVP、ショウヘイ・オオタニ」と表彰シーンを描写。
さらにトロフィーの数々を目の当たりにし、「まさに狂気の沙汰だ」と絶賛した。
 また、日頃からエンジェルスのあらゆる情報を取り扱う専門サイト『AngelsWin.com』は、公式ツイッター上でセレモニーを中継。
照れくさそうにMVPの盾を受け取った大谷について、「ショウヘイは不器用で、健全で、ただ野球がしたいだけなんだ」と報じた。
 セレモニー後の試合では5打数2安打と2試合連続のマルチヒットを記録。
打撃面でもコンディションを上げてきている偉才への注目度は、さらに高まっていきそうだ。
構成●THEDIGEST編集部【関連記事】「オオタニは神だ」大谷翔平が2打席連発&自身初の満塁弾に現地メディアも感嘆!「完璧に粉砕した」【関連記事】サヨナラ生還で渾身ガッツポーズ!大谷翔平の興奮ぶりに米メディアも熱狂「オオタニの違う一面を見られた」【関連記事】「もううんざりだ!」大谷翔平への相次ぐ“不可解判定”に米記者も憤慨。
(https://news.goo.ne.jp/article/thedigestweb/sports/thedigestweb-55883.htmlより引用)

関連記事