巨人何とか引き分け “元同僚”ヤクルト田口の移籍後初白星は何とか阻止 2021-04-03


図 この記事のタイプ傾向 ()

(https://news.goo.ne.jp/article/dailysports/sports/20210403118.htmlより引用)
 「巨人2−2ヤクルト」(3日、東京ドーム) 巨人が土壇場の九回に執念を発揮。
若林がフェンス直撃の適時二塁打を放ち、引き分けに持ち込んだ。
今季開幕前に移籍した“元同僚”ヤクルト・田口の移籍後初勝利は何とか阻止した。
 田口は開幕前にトレードでヤクルト入り。
四回は無死一塁から岡本和、丸、中島を3者連続三振を喫した。
六回は1死一、二塁で岡本和が遊ゴロ併殺打。
七回は1死一、二塁でトレードの交換相手となった広岡を遊ゴロ併殺打。
先発の戸郷は力投したが、2勝目はならなかった。
(https://news.goo.ne.jp/article/dailysports/sports/20210403118.htmlより引用)

関連記事