前田敦子、まぶた裏の手術明かす「わけわからないくらい痛かった」 2021-01-10


図 この記事のタイプ傾向 (「痛い」「幸せ」「泣き」「泣き顔」)

(https://news.goo.ne.jp/article/sanspo/entertainment/sanspo-geo2101100015.htmlより引用)
 元AKB48の女優、前田敦子(29)が9日、ツイッターを更新。
「まぶた裏の手術」を受けたことを明かした。
「今日は勉強をしてきました。
そして大量の豚キムチを食べて幸せです」と報告すると、続けて「あと、まぶた裏の手術をしてきたんですが、自分の判断で様子見をしたため悪化したのが原因です。
反省です」と告白。
「まぶたの裏の麻酔が、、わけがわからないくらい痛かったです」ともつづり「本当に反省です」と泣き顔の絵文字を添えた。
 その後、ユーザーからの「まぶたの裏メスで切ったことある」というコメントに「同じだ! 痛いよね!」と反応。
「痛すぎると人は声が出なくなるんだと勉強になった一日でした」と実感を込めていた。
(https://news.goo.ne.jp/article/sanspo/entertainment/sanspo-geo2101100015.htmlより引用)

関連記事