トランプ氏孤立化、両党から罷免要求・政権高官辞任 議会乱入で 2021-01-08


図 この記事のタイプ傾向 (「失意」「実現」「発表」)

(https://news.goo.ne.jp/article/reuters/world/reuters-20210108019.htmlより引用)
[ワシントン 7日 ロイター]-米連邦議会議事堂にトランプ大統領の支持者が乱入する事態が発生してから一夜明けた7日、議会では民主・共和両党からトランプ大統領の罷免を求める声が上がった。
閣僚や政権高官も相次いで辞任を表明しており、任期終了まで残り13日となる中、トランプ大統領の孤立化が進んでいる。
民主党のペロシ下院議長は「トランプ大統領がホワイトハウスにとどまっている限り、米国は苦境に置かれる」とし、トランプ氏の罷免を要求した。
同党のシューマー上院院内総務も、大統領の即時罷免に向けて合衆国憲法修正第25条を発動するようペンス副大統領に求め、ペンス氏が動かなければ、議会は弾劾も辞さないと表明した。
共和党のホーガン・メリーランド州知事とキンジンガー下院議員も憲法修正第25条の発動を呼び掛けた。
しかし共和党筋によると、トランプ大統領の任期終了が間近であることから、罷免が実現する公算は小さいとみられている。
こうした中、チャオ運輸長官辞任を表明。
チャオ氏は共和党トップのマコネル上院院内総務の妻。
さらに、国家安全保障会議(NSC)の欧州・ロシア問題担当シニアディレクター、ライアン・タリー氏、大統領首席補佐官代行を務めたマルバニー英領北アイルランド担当特使が相次いで辞任。
ポッティンジャー大統領副補佐官(国家安全保障担当)も前日辞任しおり、今後もさらなる辞任が予想される。
バイデン次期大統領は、議会占拠を米史上における失意の日と述べ、「トランプ大統領は米国の民主主義に対する全面的な攻撃を解き放った」と非難。
しかし、トランプ氏が大統領として任期終了までとどまるべきかどうかについては言及を避けた。
トランプ大統領は声明で、バイデン氏が大統領に就任する1月20日に「秩序ある政権移行」を約束。
しかし「選挙結果に全く同意していない」とも述べた。
米交流サイト大手フェイスブックのザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は、次期政権への移行が完了するまで「トランプ大統領にフェイスブックのサービス利用継続を認めるリスクが過度に大きい」とし、向こう2週間にわたりトランプ氏のアカウントを凍結すると発表。
同社は前日、議事堂乱入事件を受け、トランプ氏のアカウントを24時間凍結していた。
*内容を追加しました。
(https://news.goo.ne.jp/article/reuters/world/reuters-20210108019.htmlより引用)

関連記事