EU石油禁輸案、合意至らず=ハンガリー首相と協議―欧州委員長 2022-05-10


図 この記事のタイプ傾向 (「決定」)

 【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長は9日、ウクライナへの軍事侵攻を続けるロシアに対する追加制裁の一環で提案したロシア産石油の輸入禁止をめぐり、反対姿勢を示すEU加盟国ハンガリーのオルバン首相と同国の首都ブダペストで協議した。
両者は妥協点を探ったが、合意には至らなかった。
 フォンデアライエン氏は協議後、ツイッターで「(合意に向けて)進展はあったが、さらなる取り組みが必要だ」と説明した。
追加制裁の決定には全加盟国の同意が必要。
報道によると、欧州委案に難色を示す加盟国は他にもあり、早期決着は依然見通せない状況だ。
(https://news.goo.ne.jp/article/jiji/business/jiji-220510X103.htmlより引用)

関連記事