自民・加藤鮎子氏、山形県連会長を辞任 知事選の敗北受け 2021-03-29


図 この記事のタイプ傾向 ()

(https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/politics/mainichi-20210329k0000m010012000c.htmlより引用)
 自民党の加藤鮎子衆院議員は28日、1月の知事選で擁立した候補が敗北した責任を取って、山形県連会長を辞任した。
同日開かれた、県連の支部長・幹事長会議で辞意を表明し、了承された。
 会議は非公開で行われ、知事選の総括などが話し合われた。
自民党は12年ぶりの選挙戦となった知事選で、擁立した候補が現職に約23万票差で敗れた。
会議後の記者会見で、加藤氏は「知事選の結果を受けて辞意を表明した」と説明。
敗因について「県連のメッセージと、県民の意識にズレがあった」と述べた。
 県連は、後任の会長について3週間以内をめどに選出したいとしている。
(https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/politics/mainichi-20210329k0000m010012000c.htmlより引用)

関連記事