青山/ 柴原組 マイアミOP初制覇 2021-04-05


図 この記事のタイプ傾向 ()

(左から)青山修子と柴原瑛菜画像提供:ゲッティイメージズ女子テニスのマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、WTA1000)は4日、ダブルス決勝が行われ、第5シードの青山修子/柴原瑛菜組が第8シードのH・カーター(アメリカ)/L・ステファニ(ブラジル)組を6-2,7-5のストレートで下して初優勝を果たし、ペアで今季3勝目、キャリア6勝目をあげた。
2月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)準々決勝で敗れて以降、3大会で勝ち星がなかった青山/柴原組。
今大会は不調を乗り越えて決勝に進出していた。
1月のアブダビ・WTAテニス・オープン(アラブ首長国連邦/アブダビ、ハード、WTA500)と2月のヤラ・バレー・クラシック(オーストラリア/メルボルン、ハード、WTA500)でタイトルを獲得した青山/柴原組は、マイアミ・オープン制覇によってWTA1000の初タイトルを獲得した。
(https://news.goo.ne.jp/article/tennis365/sports/tennis365-202104_130430.htmlより引用)

関連記事