日産自動車、3年ぶり黒字転換 2155億円、円安が寄与 2022-05-12


図 この記事のタイプ傾向 (「発表」)

 日産自動車が12日発表した2022年3月期連結決算は、純損益が2155億円の黒字(前期は4486億円の赤字)となった。
黒字は3年ぶり。
米国市場での値引き販売の抑制や円安が寄与した。
売上高は前期比7.1%増の8兆4245億円だった。
 23年3月期の連結業績予想は、売上高が18.7%増の10兆円、純利益は30.4%減の1500億円を見込んだ。
(https://news.goo.ne.jp/article/kyodo_nor/business/kyodo_nor-2022051201001036.htmlより引用)

関連記事