名将ラソーダ氏死去…昨年11月に入院、集中治療室を経て年明けに退院したばかりだった 2021-01-09


図 この記事のタイプ傾向 (「死去」「発表」)

(https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/sports/npb/sponichi-spngoo-20210108-0257.htmlより引用)
 ドジャースは8日(日本時間9日)、元監督のトミー・ラソーダ氏が7日に死去したと発表した。
93歳だった。
同日午後10時9分に自宅で突然の心肺停止に見舞われ、病院に運ばれたがそのまま帰らぬ人となった。
ラソーダ氏は心臓の病気で昨年11月8日に入院。
一時は集中治療室(ICU)に入っていたが、年明けに退院し、自宅に戻っていた。
 ド軍のマーク・ウォルター・オーナーは「トミーと多くの時間を過ごすことに恵まれました。
彼は選手とコーチのメンターだった。
彼はサインなどを通じて多くのファンと時間を共有した。
良い友人だった。
心から惜しまれます」と声明を発表。
スタン・カステン球団社長兼CEOも「トミー・ラソーダ氏ほどド軍の精神を体現した人はいない。
彼が愛したチームは比類なきものだった。
トミーはかけがえのない、忘れられない存在です」と惜しんだ。
 ◆トミー・ラソーダ 1927年9月22日生まれ、米ペンシルベニア州出身。
54年にブルックリン・ドジャースでメジャーデビュー。
カンザスシティ・アスレチックスとの2球団で投手としてプレーし、通算成績は26試合で0勝4敗、防御率6・48だった。
ド軍のスカウト、傘下マイナーの監督などを経て、76年9月にド軍監督に就任。
96年途中まで指揮を執り、監督通算成績は3040試合で1599勝1439敗、勝率・526。
ワールドシリーズ優勝2度。
97年に野球殿堂入り。
00年シドニー五輪では野球米国代表の監督を務めて金メダルに輝いた。
(https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/sports/npb/sponichi-spngoo-20210108-0257.htmlより引用)

関連記事