英ファンド、東芝に買収提案=2兆円超で非公開化―車谷社長「取締役会で議論」 2021-04-07


図 この記事のタイプ傾向 (「発表」「異例」)

(https://news.goo.ne.jp/article/jiji/business/jiji-210407X821.htmlより引用)
 英投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズなどが東芝に買収を提案したことが7日、分かった。
「物言う株主」との対立が続く東芝の株式を非公開化した上で、企業統治体制を抜本的に見直し、経営判断を速める狙いとみられる。
買収額は2兆円を超える可能性がある。
 東芝の車谷暢昭社長は同日朝、取材に対し「(買収提案は)来ている。
取締役会で議論する」と述べ、同日開催予定の取締役会で対応などを協議する考えを示した。
東芝は「昨日(6日)初期提案を受領したばかり。
慎重に検討する」とのコメントを発表した。
 CVCは今後、詳細を詰めた上で東芝に改めて買収提案を行い、TOB(株式公開買い付け)を実施する。
併せて、他の投資ファンドなどにも提案への参加を呼び掛ける方針だ。
 車谷社長はCVCの日本法人会長を務めていた。
株式を非公開化すれば、物言う株主からの経営に対する介入を排除し、経営判断の機動性を確保できる。
名門企業が買収され、非公開化するのは極めて異例だが、利害関係者も多く、今後の展開には曲折も予想される。
(https://news.goo.ne.jp/article/jiji/business/jiji-210407X821.htmlより引用)

関連記事