比大統領選、投票始まる=マルコス氏が優勢か 2022-05-09


図 この記事のタイプ傾向 ()

 【マニラ時事】フィリピン大統領選の投票が9日午前、始まった。
世論調査ではマルコス元上院議員がロブレド副大統領ら他候補を引き離し、優位に立っている。
投票は午後7時(日本時間同8時)に締め切られ、開票作業が即日始まる。
1両日中にも大勢が判明する見通しだ。
 マルコス氏とロブレド氏は2016年の副大統領選でも争った因縁がある。
このときはロブレド氏が得票率0.64%の差で勝利。
マルコス氏は「不正があった」と提訴したが、最高裁は21年に退けた。
 主要な調査機関3社が今年4月に行った世論調査によると、マルコス氏は56〜57%の支持を得て、終盤まで優勢を維持。
21〜23%で2位につけるロブレド氏らを寄せ付けていない。
(https://news.goo.ne.jp/article/jiji/world/jiji-220509X959.htmlより引用)

関連記事