木村花さん母涙で「人権侵害」訴え…悔しさがある 2021-03-31


図 この記事のタイプ傾向 (「悔しさ」「苦しむ」「残念」「恋愛」「死去」「発表」)

(https://news.goo.ne.jp/article/nikkangeinou/entertainment/f-et-tp0-210331-202103310000092.htmlより引用)
誹謗(ひぼう)中傷を受け、昨年5月に死去したプロレスラー木村花さん(享年22)の母、木村響子さん(44)が30日、この日発表された放送倫理・番組向上機構(BPO)の見解を受けて都内で会見し、涙ながらに悔しがった。
響子さんは昨年7月、花さんが出演していたフジテレビ系恋愛リアリティー番組「テラスハウス」について「過剰な演出が原因でSNSに苦情が殺到したためで人権侵害があった」と申し立てていた。
この日、BPOの放送人権委員会が「放送倫理上は問題あるが、人権の侵害があるとは言えない」と発表。
響子さんは会見で涙ぐみ「番組に出て誹謗中傷を受けたのが明らかなのに、認めてもらえない悔しさがある」と人権侵害が認められなかったことへの思いをあらわにした。
同委員会は双方から聞き取り調査を続けてきた。
響子さんは「今日3月30日は花のデビュー記念日。
花がここにいないということで事実を証明することが難しい。
あやふやな結果にしかならないんだなあ」。
花さんに関しては、同番組内における言動などに関し、ネット上で誹謗中傷が寄せられた。
ただ、フジテレビが花さんの人権を無視した過剰な演出をしたという主張は認められなかった。
「フジテレビや制作会社が誹謗中傷を誘導する番組作りをしたのに、(誹謗中傷を)する人だけに責任を押しつけるのは残念」。
同局は当初、響子さんと会えていないと説明していた。
響子さんは「お会いしていない。
連絡はいただきましたが、不信感が強くて。
お手紙をプロデューサーからいただいた。
そこに書いてある言葉が、私にとっては本当に響く言葉ではなかった。
ただただお悔やみ申し上げますで、自分たちの責任については言及されていなかった」。
そしてNPO法人「RememberHANA」の設立を発表。
「SNSの誹謗中傷で苦しむ人がいる。
皆様に寄付を募ることによって、みんなで解決していこうという思いでやっていきます」と話した。
(https://news.goo.ne.jp/article/nikkangeinou/entertainment/f-et-tp0-210331-202103310000092.htmlより引用)

関連記事