渋谷区6人死傷事故、タクシーは50キロで赤信号の交差点進入 2021-01-06


図 この記事のタイプ傾向 (「死亡」「事故」「発表」)

 東京都渋谷区笹塚の国道20号で4日、横断歩道を渡っていた歩行者6人がタクシーにはねられた事故で、タクシーが時速約50キロで赤信号の交差点に進入していたことが捜査関係者への取材でわかった。
運転していた男(73)はくも膜下出血で重体となっており、警視庁代々木署は、運転中に意識を失ったとみている。
 発表によると、事故では近くに住むアルバイト佐藤優子さん(49)が胸などを打って死亡。
小学3年の男児(9)とその母親(42)ら5人が全身打撲などの重軽傷を負った。
路面にブレーキ痕はなかったという。
(https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20210106-567-OYT1T50025.htmlより引用)

関連記事