脚本家の橋田寿賀子さん死去、95歳 「おしん」「春日局」「渡鬼」 2021-04-05


図 この記事のタイプ傾向 (「死去」)

(https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/sponichi-spngoo-20210405-0193.htmlより引用)
 「おしん」「春日局」「渡る世間は鬼ばかり」などテレビ史にさん然と輝く名ドラマを数多く手掛けた脚本家で劇作家の橋田寿賀子(はしだ・すがこ、本名・岩崎寿賀子=いわさき・すがこ)さんが死去したことが5日、分かった。
TBSの報道番組「Nスタ」が伝えた。
95歳。
韓国ソウル生まれ。
「橋田ファミリー」と呼ばれる俳優たちとの堅い結束でも知られた。
 橋田さんは今年2月下旬から急性リンパ腫の治療のため都内の病院に入院。
先月には自宅のある静岡県熱海市内の病院へと移り治療を続けていた。
今月3日に自宅に戻り、4日午前、息を引き取った。
(https://news.goo.ne.jp/article/sponichi/entertainment/sponichi-spngoo-20210405-0193.htmlより引用)

関連記事