「菅さんは決定的に間違った」自民党内から指導力いぶかる声 支持率急落に浮上の手立てもなし 2021-01-05


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」「危険」「最悪」「申し訳ない」「協力」「決定」「回復」「異例」)

(https://news.goo.ne.jp/article/dot/politics/dot-2021010400034.htmlより引用)
 発足当初は高い支持率を誇った菅内閣だったが、学術会議問題などから支持率は急落。
安倍前首相の「桜を見る会」問題が追い打ちをかけ、強力な浮上策も見当たらない。
AERA2021年1月11日号の記事を紹介する。
※【「桜を見る会」問題で安倍前首相が国会での答弁を修正し謝罪 当時の対応に首をかしげる側近も】より続く*  *  * 野党は通常国会で引き続き、「桜を見る会」問題に関して安倍前首相の証人喚問を求めることで一致している。
だが、自民党は昨年末で幕引きを図ることに必死だった。
 なぜなら発足直後、朝日新聞の世論調査で65%だった政権への高支持率が、わずか3カ月で大幅下落。
今後、30%を割り込めば政権運営そのものが危険水域に突入するからだ。
 この下落の要因は言うまでもなく、菅義偉首相の新型コロナウイルス対策での指導力不足だ。
中でも下落の決定打は、イベントや帰省で人の移動がピークを迎える年末年始を見据えて、早々に「Go Toトラベル停止」に踏み切れなかったことだ。
その結果、予想されていた通り、昨年末には1日に4千人近い感染者を出してしまったのだ。
 ある自民党関係者は、菅首相が語った「アクセルを踏みながら、ブレーキをかける」という一貫性のない対応について、こういぶかった。
「菅さんは決定的に間違った。
年末はそもそも医療従事者そのものが手薄になり、医療機関が逼迫(ひっぱく)しやすい時期。
そこに感染のピークをもってきてしまった。
取り返しがつかない。
結果として地方経済も疲弊し、この数カ月の全ての政策が台無しになってしまった。
結果を出すと言いながら、結果を出せない。
まさに菅さんの指導力が問われているのです」■支持率下落に追い打ち 自民党の中堅議員の一人は、下落した支持率を回復させる手立てが事実上ないことが最悪だと指摘する。
「深刻なのは12月15日の臨時閣議で73.6兆円の追加経済対策を含む、第3次補正予算案を閣議決定した以降に支持率が下がり続けているということです。
これを出してもダメなら、来年度予算が成立するまでの間、全く打つ手がなくなる。
支持率をプラスに転じる材料がなにもないのです」 そこに追い打ちをかけたのが「桜を見る会」の問題だった。
何しろ菅首相は、7年8カ月もの間、官房長官として安倍前首相を支えてきた立場だ。
虚偽答弁を繰り返す安倍前首相をかばう格好で、菅首相も国民を欺き続けてきた責任がある。
 東京地検特捜部は昨年12月24日、この問題で安倍前首相の公設第1秘書を政治資金規正法違反(不記載)の罪で略式起訴し、安倍前首相を不起訴処分にした。
これを受け、菅首相は官邸で記者団の取材に応じた。
官房長官時代の自らの説明について「私自身も事実と異なる答弁になってしまい、国民に大変申し訳ない」と陳謝したものの、自らの責任については「(安倍前首相に)確認しながら答弁した。
それに尽きる」と明言を避けた。
■菅氏と安倍氏の政争 実は菅首相は、安倍前首相にどのようにけじめをつけさせるかで、極めて難しい政治判断を強いられた。
前出の自民党関係者は、この問題は経済対策以外は「脱安倍」路線を貫くことで前政権との違い、独自性を内外に知らしめたい菅首相と、チャンスがあれば安倍前首相の再々登板をもくろむ「安倍・麻生」らとの政争の一面があるとみる。
 それが顕著になったのが議院運営委員会での公開の質疑応答だった。
当初、野党は偽証罪が適用される「証人喚問」を求めたが、自民党の森山裕国会対策委員長はかたくなに拒否。
前日になって議院運営委員会を報道陣に公開することで与野党が一致した。
総理大臣経験者が議院運営委員会で謝罪、弁明する事態は極めて異例だ。
「菅首相にしてみれば、マスコミを入れないという判断をすれば、政権支持率は今以上に下落するのは間違いない。
その一方、派閥を持たないため、この桜の問題をきっかけに、安倍氏の出身派閥である細田派、安倍氏に近い麻生派の協力を得られなくなれば、来年度の予算成立を前に政権運営そのものが立ちゆかなくなる」(自民党関係者) 脱安倍を旗印にする菅政権としてみれば、政権支持率が高ければ、証人喚問もあった可能性はあると、この自民党関係者は語った。
 いずれにしても新年を迎えたからといって「桜疑惑」が収束するわけではない。
その上、コロナの感染拡大も続くようであれば、さらに政権支持率は下落するであろう。
党内には、菅首相の「次」を考えておく必要がある、との声も出始めた。
具体的には河野太郎・行政改革相、そして、野田聖子幹事長代行などだ。
今年は衆議院議員が任期満了を迎える。
コロナと桜をどう乗り切るかが、菅政権の最大の課題だろう。
(https://news.goo.ne.jp/article/dot/politics/dot-2021010400034.htmlより引用)

関連記事