【速報】プーチン大統領「戦争宣言」せず ウクライナ侵攻を正当化 2022-05-09


図 この記事のタイプ傾向 ()

ロシアのプーチン大統領は9日、対ドイツ戦勝記念日の式典で演説を行ったが、ウクライナへの戦争宣言はしなかった。
プーチン大統領は、演説冒頭で「我々はいまだドンバスのために、ロシアの安全のために戦っている」と強調。
また「ドンバスにおける新しい威圧的な軍事作戦の準備が行われていた」「キーウでは核兵器の取得に関する話が進んでいた」「NATOが直接的な脅威になっている」などと述べ、ウクライナ侵攻を正当化した。
(https://news.goo.ne.jp/article/fnn/world/fnn-357643.htmlより引用)

関連記事