ファミマ、弁当容器の一部を紙製に…4月下旬までに4商品切り替え 2021-03-29


図 この記事のタイプ傾向 (「発表」)

 ファミリーマートは29日、弁当やすしの一部について、容器をプラスチック製から紙製に切り替えると発表した。
4月下旬までに計4商品で切り替える。
紙製にすることで、1食あたり、約40%のプラスチック使用量の削減が見込めるという。
 ファミリーマートは、コーヒーのマドラーを木製に変更したり、サンドイッチの包材を薄くし、サラダの容器をバイオマスプラスチックを使った環境配慮型に切り替えるなど、プラスチック使用量の削減に取り組んでいる。
(https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/business/20210329-567-OYT1T50156.htmlより引用)

関連記事