宮城・夫婦殺傷 2容疑者を殺人容疑などで逮捕 SNSで殺害依頼か 2021-01-08


図 この記事のタイプ傾向 (「殺害」「容疑者」「殺人」「容疑」)

(https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20210108k0000m040052000c.htmlより引用)
 宮城県柴田町の住宅で2020年9月、住人の毛利哲雄さん(74)が殺害された事件で、宮城県警大河原署捜査本部は8日までに、同県山元町小平南、会社員、岩見尭明(たかあき、27)と愛知県岩倉市八剱町、土木作業員、森満(45)の両容疑者を殺人と殺人未遂容疑で逮捕した。
 捜査本部によると、2人にもともと面識はなく、岩見容疑者がSNS(ネット交流サービス)を通じて森容疑者に殺害を依頼したという。
森容疑者が単独で毛利さん宅に行き、事件を起こしたとみられる。
岩見容疑者は毛利さんの40代の長男と遊び仲間だったが、金銭的なトラブルになっていたといい、捜査本部が詳しい経緯や動機を調べる。
 逮捕容疑は20年9月11日午後8時10分ごろ、毛利さんの左脇腹などを刃物で刺して出血死させ、妻(70)にも腹部を切りつけるなどして2週間のけがを負わせたとしている。
捜査本部は2人の認否を明らかにしていない。
(https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20210108k0000m040052000c.htmlより引用)

関連記事