フュージョンバンド「PRISM」の和田アキラさん死去 多臓器不全のため64歳で 2021-03-30


図 この記事のタイプ傾向 (「憧れ」「死去」「発表」)

 フュージョンバンド「PRISM」のギタリスト・和田アキラさんが28日、敗血症による多臓器不全のため死去した。
64歳だった。
29日、バンドの公式サイトで発表された。
 サイトによると、和田さんはかねてより病気療養中だったという。
葬儀は近親者のみで営まれ、お別れの会はコロナ禍が落ち着いたら行われる予定。
メンバー一同名義で「和田アキラのご冥福を、お祈り申し上げます」としのんだ。
 グループサウンドに憧れ、小学生時代にドラムを始め、やがてギターに転身。
75年、日本初のフュージョンバンドとして「PRISM」を結成。
翌年、英ミュージシャン、エリック・クランプトンの日本公演オープニングアクトに抜てきされた。
(https://news.goo.ne.jp/article/hochi/entertainment/hochi-20210330-OHT1T50030.htmlより引用)

関連記事