【速報】都が4店舗の過料を通知 時短応じず“最大30万円” 2021-03-29


図 この記事のタイプ傾向 ()

緊急事態宣言による営業時間の短縮要請に応じず、命令後にも営業を続けてきた都内の4つの店舗について、東京都は29日、裁判所に過料ついて通知を初めて行った。
東京都は、緊急事態宣言を受けて、改正特別措置法45条に基づいた午後8時までの時短要請を出し、応じなかった店舗には、より強い命令を出していた。
しかし、その後も、4つの店舗が従っていなかったことが確認されたとして、都は29日、初めて裁判所に過料について通知した。
裁判所がこれを認めた場合、最大30万円の過料となる。
(https://news.goo.ne.jp/article/fnn/nation/fnn-161923.htmlより引用)

関連記事