英首相「EUが国を破壊」=離脱協定ほご法案正当化 2020-09-13


図 この記事のタイプ傾向 ()

(https://news.goo.ne.jp/article/jiji/world/jiji-200913X096.htmlより引用)
 【ロンドン時事】ジョンソン英首相は、欧州連合(EU)が英国のEU離脱に絡み「英国の経済・領土の一体性を破壊すると脅している」と主張した。
12日付の英紙デーリー・テレグラフへの寄稿で見解を明らかにした。
「英国を惨事から守る必要がある」とも強調し、1月末に発効した国際条約「離脱協定」の主要部分をほごにしようとする法案を議会提出したことを正当化した。
 寄稿の中でジョンソン氏は、10月15日を合意期限とするEUとの貿易交渉が決裂した場合、EUが離脱協定の「極端な解釈」を行い、「英本土から英領北アイルランドへの食品移送を停止させる可能性がある」と訴えた。
さらに、協定内容を修正して実行に移すことに道を開く今回の法案が議会で否決されると「(EUとの貿易交渉で)合意を得る公算は小さい」と警鐘を鳴らし、与党議員らに法案への賛成を呼び掛けた。
法案審議は14日に下院で始まる。
(https://news.goo.ne.jp/article/jiji/world/jiji-200913X096.htmlより引用)

関連記事