尿入りのペットボトル計70kgを道路上に投棄した疑い 新潟市東区の38歳の男逮捕 2022-05-10


図 この記事のタイプ傾向 (「容疑者」「通報」「疑い」「容疑」)

(https://news.goo.ne.jp/article/bsn/region/bsn-41449.htmlより引用)
尿が入ったペットボトルなど合わせて70kgの廃棄物を新潟市東区の路上などに捨てたとして、東区に住む38歳の男が逮捕されました。
廃棄物処理法違反の疑いで逮捕されたのは、新潟市東区に住む土木作業員、行方達也容疑者(38)です。
警察によりますと、行方容疑者は、尿が入ったペットボトルなど合わせて70kgの廃棄物を、新潟市東区の路上などに捨てた疑いが持たれています。
去年の4月中旬から先月中旬までの間、複数回にわたり捨てていたと見られていて、近隣住民からの通報や相談があり、警察が捜査していました。
行方容疑者は「覚えていない」と容疑を否認しています。
警察は、捨てていたのは行方容疑者自身の尿とみて動機を調べるとともに、余罪があるとみて捜査を進めています。
(https://news.goo.ne.jp/article/bsn/region/bsn-41449.htmlより引用)

関連記事