栃木・那須塩原の箒川に高齢男性流される…付近で1時間110ミリの大雨 2020-09-11


図 この記事のタイプ傾向 (「発表」「避難」)

 11日午後8時頃、那須塩原市塩原の塩原温泉郷にある「紅の吊橋(つりばし)」付近で、箒(ほうき)川の様子を見に行った高齢男性が流されたと、男性の妻から119番があった。
西那須野消防署などが捜索を行っている。
 気象庁は同日、記録的短時間大雨情報を発表。
午後8時20分時点の1時間雨量が、日光市今市付近と那須塩原市付近で約110ミリを観測した。
 那須塩原市は午後9時20分、塩原温泉郷を含む塩原地区の一部に避難勧告を発令し、塩原公民館を避難所として開設した。
 温泉郷の旅館の男性社長(61)は「こんなに短時間に箒川が増水したのは初めて見た。
車で出勤してきた従業員は、前が見えず、立ち往生する車を見かけたと言っていた」と話した。
 同市によると、午後9時現在、同市塩原地区にある天狗岩付近で土砂崩れが起きたのが確認された。
 また、日光市も、同市小佐越の福祉施設に避難所を開設した。
(https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20200911-567-OYT1T50226.htmlより引用)

関連記事