新型コロナ感染者 全国で7000人超 東京2001人 大阪568人 2021-01-15


図 この記事のタイプ傾向 (「新型コロナウイルス」)

15日に確認された新型コロナウイルスの新規感染者は、6日ぶりに7,000人を超えた。
1日の感染者が過去最多となったのは、千葉、茨城、福井と香川の4つの県。
また、緊急事態宣言が発令されている11都府県では、東京で2,001人、神奈川872人、大阪568人、埼玉490人、愛知352人の感染が確認されている。
また、14日までの全国の重症者は、13日連続で過去最多となり、934人となった。
新型コロナウイルスの感染が初めて日本で確認されてから、15日で1年になるが、感染は収束せず、ウイルスの変異も進んでいる。
これまでの感染者の累計は31万8,000人を超え、亡くなった方は4,400人を上回る。
(https://news.goo.ne.jp/article/fnn/nation/fnn-131596.htmlより引用)

関連記事